follow_me
ひみつジャナイギャラリー

「ひみつジャナイギャラリー」お試しツアーを実施しました

2020.01.30
障がいのある方などの作品を道後の商店やホテルなどに展示している「ひみつジャナイギャラリー」。

今後、多くの方により作品や道後のことを知ってもらうために、ギャラリーツアーを開催したいと思っています。

 

今回は、今後ツアーガイドを担当する「まちなか拠点」のスタッフさんたちと一緒に、実際にまちなかをめぐるお試しツアーを実施しました。

 

ツアーの受付場所となるまちなか拠点に集合して、「気軽にツアーに参加してもらうためには、どんな声かけがいいかな」、「お客様が行きたいところに行くのがいいね」など話しながら、実際のツアーのように点在するギャラリーをめぐって、お店の方々ともお話してきました。
Tシャツギャラリーの「絣屋」さんでは、お店の方から、「これとこれは、観光客の方に人気のTシャツです」と教えてもらいました。

でも、一人ひとり注目するTシャツは違っているそうです。

 

カフェ営業中の「道後の町屋」さん。
店主の三好さんにお会いして、mayutamagoさんの作品を間近でしっかり鑑賞しました。

奥の離れの入口を入ってすぐ右には、mayutamagoさんのポストカードが販売されていました。

「ひめや」さんでは、看板を描いた橋本大二郎さんのポスターが売っていました。
こんな風にお店とアーティストが独自に商品販売などのコラボを行っています。

道後アートをきっかけに展示だけにとどまらない展開がはじまっていました。

 

商店街には、日比野さんのワークショップで、地元の人たちがダンボールで作った「ひ」の文字が、お店のサインにひっかけられて、通りの両側に並んでいます。
放生園のあたりには、これまでの道後オンセナート・道後アートの作品も設置されています。

 

道後温泉駅のすぐ西にある道後温泉第4分湯場に、ラブリ/白濱イズミさんの作品「ラブレター〜愛を繋ぐ、愛で紡ぐ道後めぐり〜」も見に行きました。
分湯場自体が珍しいので、みんな興味深々。

時間があれば、これまでのアート作品たちはもちろん、道後の面白いところも紹介できればいいね、と話し合いました。ひみつジャナイギャラリーツアーは、2月14日(金)からスタートします。

金・土・日曜のまちなか拠点にスタッフがいる時間限定での開催となります。

ご希望の方は、まちなか拠点にて、直接お申し込みください。

※まちなか拠点、スタッフ在籍状況につきましては公式Twitter(@dogoart_project)にて随時ご案内しております!

 

3月14日(土)・15日(日)に開催する「ひみつジャナイ縁日」でも、ひみつジャナイギャラリーツアーを開催予定です。

縁日の舞台となる、上人坂から宝厳寺もバッチリ下見に行きました。
お楽しみに!!