follow_me
タイムライン

「出番ですよ!」櫛野展正さん 11月滞在レポート

2019.12.27

「オープンコール・プロジェクト2019」で選ばれた櫛野展正さんが、11月10日〜15日まで松山に滞在されました。

どこに行って、誰と出会い、何を感じたのか。

お写真とコメントとともに一緒に見ていきましょう!

 

 

●松山・道後1日目。

日比野克彦さんが監修を務める「道後アート」の企画で本日より6日間、愛媛県松山市に滞在しています。

「滞在中に表現者を見つけることができるか」という僕にとって初の試みに挑んでいます。果たして、どうなる!?

四国八十八ヶ所51番札所『石手寺』。「地底マントラ洞窟」が怖すぎて最高だったので、ツアーでも訪れたい!!!

 

 

●松山・道後2日目。

地元の定食屋で飯を喰らい、マッサージ店でマッサージを受けて聞き込みをするという刑事のような生活を送っています。2日目にして地元民よりも道後に詳しくなっているようです笑。

色んな人のご縁で「表現者」の方にたどり着くことができました。

そして懇親会の帰路、路上で絵を描くMine(マイン)くんに出逢う。自分の嗅覚にビックリです!

 

 

●松山・道後3日目。

西条市にある世田山で、高さ約5メートルの「不動明王」の磨崖仏を掘り続ける田中唯支(たなか・ただし)さんにお会いしてきました。今年88歳になる田中さんがこの像の制作を始めたのは、なんと73歳のときから。ここに辿り着くまでの800mを超える登山が本当にキツかった!

夜は、杉作J太郎さんの人気ラジオ「痛快!J太郎のどっきりナイト7」に生出演してきました。言いたいことの10%も喋れてないので、水曜日も木曜日も金曜日も出演します~。

 

 

●松山・道後4日目。

道後界隈を鳩と散歩している「鳩おじさん」に偶然お逢いすることが出来た!

様々な雑貨をつくる主婦・ホリグチさんに自宅や県内の案内をしてもらう。

 

・・・松山・道後4日目(続)。

2年ぶりに、伊予市の沖井誠さん宅を訪問。

風を受けてプロペラが回る自作の「戦闘機」は数が増えていて、よく見ると紙粘土でつくった沖井さん自身が搭乗している。

なんだかロマンがあるなぁ。

 

今夜も杉作J太郎さんのラジオに生出演してきます。ラジコで聴いて下さい~
https://www.rnb.co.jp/radio/motto-j/

 

 

●松山・道後5日目。


いやぁ、どんどん見つかってしまう。全て展示できるのだろうか。
杉作さんのラジオで呼びかけて、連絡を頂いた版画をやっている方ともお逢いすることが出来た。

さて、今夜も杉作J太郎さんのラジオに生出演。
https://www.rnb.co.jp/radio/motto-j/

 

 

 

●松山・道後6日目。


10ヶ月ぶりに、渋谷尚代さんのアトリエを再訪。昔からの知り合いのように、色々お話させて頂く。

来年「道後アート」の企画では、ここも含めた数カ所を巡る訪問ツアーを開催予定。

紙くずなどを使って、架空の「家族」の人形をつくる大石涼さんを取材。

空の容器などを利用して制作した電車や、精巧なドローイングも良いけれど、この人形に魅せられてしまう。

 

『痛快!杉作J太郎のどっきりナイト7』に、11/12(火)~11/15(金)まで出演させていただきました。
聴いていただいた皆さま、ありがとうございました。

そして、新たに番組内で僕のミニ番組も始まる予定です。

道後アート、そして「カジュアル書道」もよろしくおねがいします。

 

→南海放送『痛快!杉作J太郎のどっきりナイト7』で、11/30(土)から新番組「櫛野展正の芸術ターゲット」が始まりました。(毎週土曜日の5分間番組)

 

 

●愛媛県松山市のソウルフード

目と鼻の先にある「アサヒ」と「ことり」の鍋焼きうどん

「甘め」か、それとも「あっさり」か。僕は、アサヒ派でした。