follow_me
道後アートとは

ひとりひとりのその人らしさを分かち合う場所。
ひとりひとりは人とは違うからひとりひとり。
その違いは秘密ジャナイけれど大切にしたい私そのもの。
日比野克彦

道後は日本最古といわれる温泉として、太古の昔より、老いも若きも病める人も健やかな人も懐深く迎え入れてきました。また、土地の人も旅人も同じ湯に浸かることで心身を解きほぐし、更に食や娯楽を通じた五感に寄り添うおもてなしで、私たちに「人」のあたたかさやその「土地らしさ」について気づきを与えてきました。これらの土地や人のもつ力を最大限に発揮し、背景の異なる人たちとの交流を通して道後の更なる魅力を引き出します。
「道後アート2019・2020」では、アートを通じて道後に関わる人たちを増やし、将来に渡って継承可能な【道後らしさ】を築くため、監修・アーティストの日比野克彦氏とともに約2年間のプロジェクトを行います。

開催概要

  • ■名称 : 日比野克彦×道後温泉 道後アート2019・2020 「ひみつジャナイ基地プロジェクト」
  • ■監修・アーティスト : 日比野克彦
  • ■プロジェクト期間 : 2019年5月30日〜2021年2月28日
  • ■会場 : 上人坂エリアを中心とした道後エリア全体
  • ■主催 : 道後アート実行委員会
  • ■共催 : 道後温泉旅館協同組合、道後商店街振興組合、松山市
  • ■特別協賛 : 株式会社リクルートライフスタイル・楽天株式会社・株式会社一六本舗・全日本空輸株式会社
  • ■協賛 : 日本航空株式会社・伊予銀行・愛媛銀行・愛媛信用金庫・伊予鉄道株式会社・株式会社ハタダ・セキ株式会社・株式会社エス・ピー・シー・えひめリビング新聞社

監修・アーティスト

日比野克彦 / Katsuhiko HIBINO

アーティスト、東京藝術大学美術学部長・美術学部先端藝術表現科教授。岐阜県美術館館長。日本サッカー協会社会貢献委員会委員長。1958年日本・岐阜県生まれ。1984年東京藝術大学大学院修了。1982年日本グラフィック展大賞受賞。1986年シドニービエンナーレ参加。1995年ベネチアビエンナーレ参加。2003年〜越後妻有アートトリエンナーレ参加。2010年~瀬戸内国際芸術祭参加。2013~15年六本木アートナイト、アーティスティックディレクター。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。2015年より東京で始動した「TURN」の監修を務める。

スポンサー

[ 特別協賛 ]

[ 協賛 ]

  • [ 助成 ]

    平成31年度文化芸術創造拠点形成事業

  • [ 認証 ]