follow_me
ひみつジャナイ基地の情報はこちら
タイムライン

ストックギャラリー「感想ノート」より

2020.08.01

道後温泉本館が再開し、道後の町にも徐々に人通りが戻りつつあります。

道後が静かだったこの数カ月のうちにひみつジャナイギャラリーはメンテナンスを行い、少し作品も入れ替えています。

 

そんな作業の中、励ましていただいたのは、2019年10月のスタートから今年の2月までに、ストックギャラリーに来場してくださった方々のあたたかいコメントです。

少しご紹介しますね。

(ストックギャラリー「感想ノート」より ※2019年10月14日~2020年2月分までのご紹介)

 

 

「寒くて、手がかじかんで・・・散歩中素敵なギャラリー発見! 楽しいいろいろな作品があるのがいい! ただで見られるのもいい! また、近所に楽しみが増えてうれしい。ありがとうございました」

 

「初めて訪れました。地元にこんなものがあったなんで! 緻密で繊細なものから大胆で独創的なものまであり、とても素晴らしかったです」

 

「素敵な絵ばかりで楽しかったです!! 個人的には、伊藤駿介さんの『メルヘン』、mayutamagoさんの『夢みるき・り・ん』、八木宏樹さんの『海』、和田徳一さんの『ヘンなネコ』に特に感動しました。これからも素敵な作品をつくってください。 通りすがりの高3生より」

 

ご近所の方、地元の方、当時高校3年生だった方など、新しい場所の誕生を喜んでくださいました。

 

「東京から束の間のお休みで訪れ、道すがらたまたま見つけました。どの作品もあふれる力に満ちていて、圧倒され、引き寄せられました。素敵な取り組みをありがとうございます」

 

「大阪から来ました。主人は和田徳一さんの『ヘンなネコ』がお気に入り。私は前田由起枝さんの『ひまわり』『陽気なハーモニー』『黄コスモス』に驚きました。全部、個性あふれる作品です。これからも沢山の作品を皆さんで披露してください。お身体に気をつけて」

 

「広島から来ました。アウトサイドで自由な空間。のびのびと作品を見れて素晴らしかったです!」

 

「鳥取県から来ました。美術館とかに展示してあるのと違い、この場所だからこそ作品が生き生きとしているようでした。個人的には、池田輝夫さんの『ミミズク』『クジャク』、伊藤駿介さんの『バス』、伊藤恭介さんの『音楽家たち2』、mayutamagoさんの『夢みるき・り・ん』、土山啓一さんの『土用の丑の日』が好きです。1番はトラック(絵:沖野あゆみさん)かな!? すごく楽しませてもらいました」

 

「長崎県佐世保市から来ました。いい絵画を見ることができて来たかいがありました」

 

さすが全国有数の観光地、道後温泉!全国からお客さんが来てくださっています。

今回ご紹介したコメントは新型コロナウイルスの感染拡大が全国的にみられる前までの期間にお越しいただいた方のものです。

北海道から九州まで全国から訪れた方が、個性あふれる作品の中から、お気に入りの作品を見つけてくださっているようです。

みなさんも、ぜひぜひお気に入りを見つけてください。

 

「様々な個性あふれる作品を見ることができたのでよかったです。私も絵の製作を頑張ろうとおもいます」

 

「切り絵(蓮さんの『Fairy』『Flower Loop』)を見てびっくりするすごさです。私も切り絵をしていますが」

 

「将来教師になって障害の有無にとらわれず、誰もが楽しく学べる学校を作っていきます。この作品にとても驚き感動しました。ありがとうございました」

 

作品を見て、刺激を受けた方々もおられました。

絵画や切り絵などの製作をされている方の他、障がいの有無にとらわれない学校を作っていくとおっしゃた方も、嬉しいですね。応援したいです。

 

「皆できました! 竜之介さんの『寺院』が好きです さっきお参りした神社で結婚式をしていました。で、いまここを見つけられました。今日はツイてる!」

 

「ごはんをたべるのに使わせて頂きありがとうございました。心よく使わせてくださり感謝です。うちの軽トラも絵をかきたくなりました。ありがとうございます!」

 

「軽トラ(絵:沖野あゆみさん)はいなかったけれど、親切なお店の方がシャッター(絵:沖野あゆみさん)を閉めてくれて絵を見られました!ありがとうございました。どれも素敵な絵で、こちらまで登ってきたかいがあり…」

 

ストックギャラリーは、山澤商店さんとそのご家族の親しみ深いお人柄があってこそ。

絵を見るだけでなく、休憩したりご飯を食べたり…みなさんが存分に楽しんでくださった様子が目に浮かびます。

 

すべてのコメントを紹介できなくてごめんなさい。

最後に、「ステキな作品ばかりですね。また来るので絶対につづけて下さい」というご感想も。

はい、きっと。