follow_me
ひみつジャナイ基地の情報はこちら
ニュース

ひみつジャナイ基地が「まつやま景観賞」審査員特別賞を受賞!

2021.02.18

松山らしいまちの景観づくりに大きな貢献を果たしている建物や屋外広告物、まちなみ、まちづくりの活動などについて顕彰する「まつやま景観賞」が発表され、「ひみつジャナイ基地」が、審査員特別賞を受賞しました!

 

審査委員長は、この建物がまちづくり的な要素を含んだ小さなコミュニティを生む建築であること。そしてこのような建築が街に少しずつ点在し、緩やかに人が集う小さなパブリックを作っていくことがこれからのまちづくりに必要だと総評されていました。

また、今回の受賞作品は道後に関係する作品が多く、

・道後温泉 空の散歩道 / きらめき大賞 まちなみ・まちづくり部門

・道後温泉 葛城 琴の庭 / きらめき推奨賞 建築部門

も同時受賞されていました。

 

それでは、今回の受賞に際して設計者の松本樹さんと白石卓央さん、そして施工者代表の伊東進さんよりコメントを頂きましたので、ご紹介します。

写真中央下:松本樹、写真右端:白石卓央、写真左端、伊東進 / 基地工事着工の際に

 

松本樹/愛知工業大学大学院

この度は素晴らしい賞を受賞することができ大変嬉しく思います。

ひみつジャナイ基地の計画にあたり、上人坂に積み重なる歴史や豊かな自然環境をピュアな形で体現することで、上人坂のこれまでとこれからを紡ぐシンボルになるようにと願いデザインさせて頂きました。

オープン後には15坪にも満たない建築に多くの方が足を運んで下さっているようで、今後もひみつジャナイ基地を起点とした活動の芽が育ち、上人坂を舞台に活気を伴った景観形成がなされることを期待します。

 

白石卓央/愛媛建築研究所

「ひみつジャナイ基地」は29歳以下の若手建築家や建築学生を対象に行われた設計コンペによって選ばれた松本樹さんの作品を基に実施設計・施工が進められました。

ひみつジャナイ基地のデザインの特徴である曲線を描く屋根は、松本さんが道後をリサーチする中で目にした神社やお寺の屋根の形を参照し、さらに、周囲の景色を手掛かりに調整するなど、上人坂の景観に馴染み、そして新たな景観を形成するための丁寧なデザインが施されています。実現化の際には、地域の方々のアドバイスとご協力をいただきながら計画の調整を行い、地元の若手による施工チームに、その複雑なデザインを形にしていただきました。道後アート2019・2020会期の終盤に、地域や関係者の皆様にもこの度の受賞をご報告できることを嬉しく思うとともに、実現に向けたサポートができたことを誇りに思います。

 

伊東進/伊予匠ノ会 担当:伊東工務店

この度は、まつやま景観賞 審査員特別賞を受賞させて頂き大変光栄に存じております。

今回、ひみつジャナイ基地の工事を担当させて頂けたこと、道後アート2019・2020に関われたことを誇りに思っております。特徴的な形状をどうやって実現するべきか難度の高いプロジェクトでしたが、伊予匠ノ会のメンバーの協力の下、なんとか完成させることができました。

この思い出深い「ひみつジャナイ基地」が今後も地元松山で愛され、利用され続けることを心より願っております。