follow_me
モデルコース
2〜3時間/松山・道後
のんびり夕暮れまでアートと湯を体感
合間時間も楽しいミニコース

ホテルチェックインから夕飯までの時間を楽しむ、
道後の開運&アートスポットをご紹介。

タイムテーブル
  1. 放生園(道後温泉駅前)
     ◀ 徒歩4分
  2. 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
     ◀ 徒歩3分
  3. 道後舘
     ◀ 徒歩2分
  4. ホテル椿館
     ◀ 徒歩5分
  5. 圓満寺
     ◀ 徒歩5分
  6. 宝厳寺
     ◀ 徒歩6分
  7. ふなや
     ◀ 徒歩5分
  8. 道後温泉本館、冠山

16:00 放生園(道後温泉駅前)

道後温泉駅前、道後商店街の入口にある広場。明治24年から昭和29年まで道後温泉本館で使用した湯釜から出る「足湯」、「坊っちゃんカラクリ時計」などがあり、温泉情緒あふれる人気のスポットになっています。また、お隣りの道後観光案内所壁面には浅田政志さんによる「鷺の恩返し 第八章 その弐ー朝六時、本日も湯が湧き人集うー」が展示されています。

▼ 徒歩4分 ▼

16:20 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉 中庭

国内外で活躍する大巻伸嗣さんが、道後温泉のある松山市の花「椿」をモチーフにした大型の立体作品を制作しました。道後の自然と人々の生活を支える水、生命の永遠の循環を象徴するような椿の大輪の立体作品の中には人が内部に入ることができます。その姿は椿の花の花芯のようでもあり、人々と椿の空間が響きあい、舞台のような風景を創りだします。

©SHINJI OHMAKI / Dogo Onsenart 2018

▼ 徒歩3分 ▼

16:30 道後舘

現代建築家として名高い黒川紀章さんが手がけた湯宿。懐かしくも新しい近代和風建築の空間の中、「道後オンセナート2018」で発表された、写真家・浅田政志さんの「鷺の恩返し」という作品が見られます。およそ3000年の歴史があると言われている道後温泉。「足を怪我した白鷺が道後の湯に足を浸すと傷が癒えた」という古の白鷺伝説から閃きを得た浅田氏が8連作のセルフポートレートを制作しました。当初、道後温泉本館内の廊下に展示されていたものが、現在は移設されています。

▼ 徒歩2分 ▼

16:45 ホテル椿舘

作曲家として活躍する一方、2002年から各地でアート作品を発表している川瀬浩介さん。「道後オンセナート2014」で制作された、光と音で空間を演出する「LASTing WAVE」が現在はホテル椿舘のロビーにて展示されています。様々な表情を見せる光と心地よい音の響きが、見るものの心を癒してくれます。

▼ 徒歩5分 ▼

17:00 圓満寺

恋愛成就の寺として名高い圓満寺。もともと圓満寺には、火事から守ってくれる「火除け地蔵」というお地蔵さまおり、後に火除けから転じ、「浮気封じ」、「夫婦円満」と言われはじめたそうです。開運アイテムとして「えまたま」や「お結び玉」があります。

▼ 徒歩5分 ▼

17:30 宝厳寺

時宗開祖、「踊念仏」で一世風靡した一遍上人の生誕の地として有名な宝厳寺。かつて、正岡子規と夏目漱石が共に参詣したというお寺でもあります。平成25年(2013年)には、火災により本堂と庫裏が全焼し、所蔵されていた国の重要文化財である木造一遍上人立像が焼失してしまいました。現在のお堂は、平成26年(2014年)11月に着工し、再建されたものです。道後でも少し高台に位置し、山門から見る夕陽はとても美しいです。

▼ 徒歩6分 ▼

18:00 ふなや

伝統ある旅館として知られる「ふなや」。1500坪もの庭園には自然の川が流れ、四季折々の姿を楽しむことができます。その庭園内の離れに設置された山口晃さんの「武人圖」は「道後アート2016」の作品として制作されたものです。また、庭の緑と光を折り上げ記憶に残る風景を作り出す石川智一さんの作品「詠風庭 あかり物語」は、庭園を豊かにライトアップしています。

山口晃「武人圖」

YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery /Dogoart2016

石川 智一「詠風庭 あかり物語」

©TOMOKAZU ISHIKAWA / Dogo Onsenart 2014

18:30 道後温泉本館、冠山

およそ3000年の歴史があると言われている道後温泉。その象徴的な建物が明治27年に改築された道後温泉本館です。1994年には現役の共同浴場として初めて国の重要文化財に指定されました。2019年1月より保存修理工事に入りましたが、部分改修を行うため、1部浴室にて入浴は可能です(当コースの設定時間内では入浴なし)。また、道後温泉本館の南側より冠山を見上げると、冠山の壁面にスティーヴン・ムシンの影絵を見ることができます。なお投影時間は18時〜22時です。

©STEPHEN MUSHIN / Dogo Onsenart 2014