follow_me
タイムライン

“DOORプロジェクト”を一緒に作るサポーター募集!

2020.01.14

東京藝術大学DOORプロジェクトと一緒に「ひみつジャナイ縁日」をつくってみませんか?
道後アート2019・2020「ひみつジャナイ基地プロジェクト」のアートプログラムのお披露目の場であり、障がい者、マイノリティなど、多様なひとびとが主体的に楽しめるようなフェスティバル「ひみつジャナイ縁日」(2020年3月 14日-15日)。
《当事者との対話-「ひみつジャナイ縁日」をつくろう!》は、松山を中心に活動している、社会や周囲との間で違和感を感じている人との対話の中からテーマを見つけ、チームで協働しながら縁日の屋台とそこで行うワークショップを制作し、来場した人々に伝えるプログラムです。このチームの核となり、プログラムのサポートをしてくださる方を募集します。ダイバーシティ、福祉、もの作り、地域アート、まちづくり、教育などに興味がある方、お待ちしています!

 

 

■活動日
場所:松山大学
2/11 (火・祝)13:00-17:30 当事者の話を聞く 対話形式の講座
2/22 (土)13:00-17:30 屋台のテーマを考え・共有する
2/23 (日)13:00-17:30 屋台・ワークショップを作る
2/24 (月・祝)13:00-17:30 屋台・ワークショップを作る
※時間は変更の可能性があります。

 

場所:道後(上人坂エリア)
3/13 (金)13:00-17:00 縁日の準備 屋台を組み立てる
3/14 (土)11:00-18:00 ひみつジャナイ縁日① ワークショップを実施する
3/15 (日)11:00-16:00 ひみつジャナイ縁日② ワークショップを実施する
※時間は変更の可能性があります。

 

 

■サポート内容
《当事者との対話-「ひみつジャナイ縁日」をつくろう!》の講師である当事者のサポート
屋台制作・縁日の運営を行うチームのリーダー

 

 

■応募条件
プログラムの趣旨に賛同し主体的・積極的に活動できる方
実施日程になるべく多く参加できること(参加日数が多い方を優先します。)
年齢不問・ボランティア
活動場所:松山大学/上人坂エリアを中心とした道後エリア
募集人員:8名程度

 

 

■企画・コーディネート
東京藝術大学 美術学部 Diversity on the Arts Project (DOOR)
様々な背景を持つ社会人受講生と藝大生がアートと福祉を学んでいます。社会や周囲との間で違和感を感じている当事者を招いた講義や、ダイバーシティをテーマとしたワークショップを制作する実習など、新しい芸術と福祉の地平を広げるプログラムを実施しています。
MAIL : info-door@ml.geidai.ac.jp

 

応募はこちらから